ジルコニアセラミック

  1. トップページ
  2. ジルコニアセラミック

美しく、丈夫なジルコニアセラミック

現在、歯科治療に使われているセラミック素材にはいろいろな種類がありますが、ジルコニアセラミックは、その中でも多くの歯科医師から高い評価を得ている素材です。
日本では2005年に歯科用ジルコニアセラミックとして薬事法の認可を受けて以来、優れた素材として歯科治療に使用されています。
当院でも、以下の5つの理由から、ジルコニアセラミックをおすすめしています。

ジルコニアセラミックとは

ジルコニアセラミックのメリット

point01 「美しい」

 「美しい」

ジルコニアセラミックは、光の透過性もあり、見た目がとても天然歯に近く、審美性が高いので、治療後の見た目を気にする方にも人気があります。
笑ったときにチラリと見える金属の被せ物が気になっている方、ジルコニアセラミックで自然な笑顔を取り戻してみませんか。

point02 「丈夫で長持ち」

 「丈夫で長持ち」

ジルコニアセラミックは、人工ダイヤや包丁にも使われていることからわかるように、高い強度を持った、欠けたり割れたりすることがなく、とても長持ちする素材です。
一方で、曲げ強度が高いという性質もあるため、奥歯に使ってもしっかり噛めるうえに、噛んだときに他の歯を痛める心配もありません。

保険診療に比べるといくらか高価な素材ですが、治療した後、長く使っていくことを考えれば、ご検討いただく価値は十分にあるでしょう。

point03 「体に優しい」

「体に優しい」

ジルコニアセラミックは、歯科用の治療材料として利用される以前から、医療の分野で人工関節に用いられていて、生体親和性が高く、体に優しい素材です。
詰め物や被せ物として、ずっと口の中に入れていても、ほとんど体に負荷はかかりません。

point04 「金属アレルギーでも安心」

「金属アレルギーでも安心」

ジルコニアセラミックは、金属素材を使わないメタルフリー素材なので、金属アレルギーの心配がありません。
ピアスやリングなど金属製のアクセサリーが原因で湿疹やかぶれが発生する、金属アレルギーの方でも安心して治療に使っていただけます。

point05 「虫歯が再発しにくい」

「虫歯が再発しにくい」

金属の詰め物をしていて、その周りから虫歯が再発したことはありませんか? どうしてまた虫歯になってしまうのでしょう。
それは、金属が経年変化により劣化して、詰め物と歯の間に隙間ができたことで虫歯の原因菌が入り込みやすくなったからなのです。
でも、細かい成形ができて耐久性の高いジルコニアセラミックなら。治療後、時間がたっても隙間ができにくく、虫歯が再発しにくいのです。

ジルコニアセラミックを使用した治療例

症例1

症例1

症例1

前歯4本をジルコニアに入れ替えました。
噛み合わせが強い方は、他の補綴物をおすすめいたします。

治療費用: 49,800円×4本=199,200円(税別)
     ※形成料が別途かかります。
治療期間: 約1ヵ月

症例2

症例2

症例2

奥歯4本をジルコニアに入れ替えました。
噛み合わせが強い方は、他の補綴物をおすすめいたします。

治療費用: 49,800円×4本=199,200円(税別)
     ※形成料が別途かかります。
治療期間: 約1ヵ月

ジルコニアセラミックという素材の素晴らしさ、おわかりいただけたでしょうか?
美しく、丈夫で体に優しいジルコニアセラミックを使った治療なら、小田急相模原駅の歯医者「松ヶ枝町歯科クリニック」へお気軽にご相談ください。